2011年09月04日

脳卒中

<脳卒中のリハビリと生活>
脳卒中のリハビリ.jpg

かわいい「脳卒中のリハビリと生活」 (詳細クリック!)
第1章 脳卒中とはどんな病気か
第2章 家族が脳卒中で倒れたら
第3章 病院でのリハビリテーションの実際
第4章 退院後のリハビリテーションと暮らし
第5章 言語障害への対処法
第6章 介護保険と公的助成












脳卒中・リハビリ.jpg

本「NHKスペシャル 脳がよみがえる 脳卒中・リハビリ革命」 (詳細クリック!)
第1章/脳卒中の常識が変わった!
第2章/あきらめていたマヒが改善!
    「川平法」の真実
第3章/最新研究で見えてきた!
    脳の「回復メカニズム」
第4章/新技術で、重度のマヒも改善可能に
第5章/脳の回復が加速する「魔法の言葉」
第6章/「脳卒中・リハビリ革命」のこれから




TV「NHKスペシャル 脳がよみがえる〜脳卒中・リハビリ革命〜」
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110904.html
2011年9月4日(日) 午後9時00分〜9時49分 NHK総合テレビ

「4年間リハビリを頑張ってきても動かなかった指が、わずか10分の訓練で動き始めた」。今、脳卒中の治療で新たなリハビリが次々に開発され、驚異的な効果を上げている。約280万人にのぼる脳卒中患者、医療の発達で命を落とすケースは減ったものの、マヒの問題は深刻で、介護が必要になる原因の第一位だ。解決にはリハビリが重要だが、発症後6ヶ月を超えたあたりから効果が落ちるとされてきた。しかし最近、脳科学の急速な発達により、傷ついた脳が再生するメカニズムが次第に明らかになり、時間を経過した患者でも、マヒを改善する手法が発見されている。リハビリの効果を上げる誰でも出来る意外な方法や、脳波とマシンを連動させる最新科学まで、脳卒中リハビリの最前線で起きている急激な変化を取材、人間の脳に秘められた驚きのパワーに迫る。











<血液サラサラの食生活>
血液サラサラ食事レシピ本.jpg

かわいい「血液サラサラ生活のすすめ ドロドロにならない食事と過ごし方」 (詳細クリック!)


血液の流れが悪くなると、肩こり、肌荒れ、冷え、からだのだるさなど、さまざまな不調を引き起こし、さらには動脈硬化を誘発し、脳卒中や心臓病の危険性も。食生活を中心とした日常生活の注意がよくわかる本です。
<目次>
第1章 「サラサラ」「ドロドロ」のウソとホント
第2章 誰もが検査を受けられる時代になった!
第3章 食生活しだいであなたもサラサラになれる
第4章 ドロドロするのは活性酸素のしわざ
第5章 ドロドロ血液と病気との関係
第6章 血液サラサラの未来













位置情報日本脳神経外科学会
http://jns.umin.ac.jp/


位置情報日本脳卒中学会
http://www.jsts.gr.jp/


本脳卒中専門医試験 問題・解説集


本脳卒中レジデントマニュアル







ペン病気の治療 予防 病気 掲示板
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/dis-index.html
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報





脳梗塞、脳卒中の治療 予防 脳梗塞 掲示板
タグ:脳卒中
posted by 体の悩み掲示板 at 06:38| 脳・神経・精神疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする