2011年12月02日

脳梗塞(治療、脳梗塞を防ぐ料理レシピ、闘病記や体験記、血液をサラサラにするサプリメント)

脳梗塞治療に効く血液をサラサラにする料理レシピ.jpg

かわいい「脳梗塞に効くらくらくレシピ」(詳細クリック!)
第1章 血液をサラサラにして脳梗塞を防ぐレシピ
第2章 知っていると安心 脳梗塞を招く動脈硬化と生活習慣病
第3章 ここがポイント 脳梗塞に効く食品・食生活の基礎情報
第4章身近なところからはじめよう 脳梗塞に負けない日常生活の知恵



脳梗塞の再発防止や予防のための「低コレステロール」「減塩」を確実に実践し、なおかつ美味しいかつてないレストラン感覚のレシピを提供。和食・洋食・中華・エスニックなどバラエティーに富んだ食事療法を提案します。









<NHK きょうの健康 変わる脳梗塞治療>

位置情報「変わる脳梗塞治療 こんな前触れに注意!」 
放送日: 2011年12月5日(月) 午後8:30〜午後8:45 NHK Eテレ
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2011/12/1205.html
「脳梗塞」治療の最前線。突然起こるイメージがある脳梗塞だが、実は発症前に前触れが現われることも多い。体の片側のまひ・しびれ、顔のゆがみや口元のしびれ、ろれつがまわらない、言葉が出にくい、片側の視野が暗くなるという症状は、脳梗塞の前触れの可能性がある。これらの前触れ「TIA(一過性脳虚血発作)」を適切に対処できれば、脳梗塞は未然に防げる。症状の見極め方・対処法などを伝える。
講師:岡田靖 先生(国立病院機構九州医療センター 脳血管内科・臨床研究センター長)



位置情報「変わる脳梗塞治療 ここまで血栓はとりのぞける」
放送日: 2011年12月6日(火) 午後8:30〜午後8:45 NHK Eテレ
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2011/12/1206.html
いまや脳の太い血管が詰まり意識を失うほど重症でも、発症直後の対応次第で後遺症を残さない治療が受けられる。鍵は、顔・腕・言葉に表れる脳梗塞の症状を見逃さない「スピードある対応」。血管に詰まった血栓を溶かし、血流を回復させる薬t-PAは発症後3時間以内に使われる。最近は発症後8時間以内まで可能な、血栓をマイクロカテーテルを使って抜き取る血栓除去療法も始まっている。

位置情報「変わる脳梗塞治療 再発予防薬の新常識」
放送日: 2011年12月7日(水) 午後8:30〜午後8:45 NHK Eテレ
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2011/12/1207.html
脳梗塞で助かっても、10年以内におよそ2人に1人が再発するといわれている。再発を引き起こす要因の1つに、患者の服薬に対する誤った認識があるという。再発予防のためには「薬は一生涯、のみ続ける」という認識が不可欠なのだ。脳梗塞のタイプによって異なる薬の効能や、今年登場した新薬についての注意点など、適切な薬物療法を安心して受けるための再発予防薬の最新情報を伝える。

位置情報「変わる脳梗塞治療 生活習慣病をトータルで管理」
放送日: 2011年12月8日(木)午後8:30〜午後8:45 NHK Eテレ
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2011/12/1208.html
脳梗塞の発症・再発を防ぐために大切なのは、脳梗塞のリスクである生活習慣病をトータルで管理していくこと。高血圧・糖尿病・脂質異常症の3大リスクがあれば、これらを同時に改善し、さらに、もう1つのリスク・喫煙をやめ、禁煙に改めると、脳梗塞の再発の危険性は80%も下げられるのだ。脳梗塞発症の危険性が高まる冬の日常生活ならではの注意点も併せて紹介する。










ペン「脳卒中治療ガイドライン2009」(日本脳卒中学会)
http://www.jsts.gr.jp/jss08.html









ペン「血栓溶解療法(t-PA療法)」(国立病院機構 鹿児島医療センター)
http://kagomc.jp/gairai/kessen/
1. 血栓溶解療法とは
2. 血栓溶解療法の実際
3. 当院での血栓溶解療法の結果
4. 血栓溶解療法を受けるためには
5. 血栓溶解療法はどこでもできるのでしょうか?








<脳梗塞との闘病記(体験記)>
脳梗塞の予防・闘病・完全復活.jpg

本栗本慎一郎「脳梗塞になったらあなたはどうする 予防・闘病・完全復活のガイド」(詳細クリック!)
脳梗塞になった自らの経験と、その後の猛烈な研究を経て、脳梗塞の発見法、予防の仕方から、闘病、リハビリ、社会復帰の仕方を命懸けでガイドする。
第1章 脳梗塞とは何か?―脳卒中やくも膜下出血との関係は?
第2章 脳梗塞になったら何が起きるのか
第3章 発病のサインを見逃すな―時は脳なり
第4章 隠れ脳梗塞の発見法
第5章 脳梗塞発症(再発)予防法
第6章 希望を絶対捨てないリハビリ法―必ず復活できる!











本「脳卒中治療薬の選び方と使い方」(詳細クリック!)

脳卒中(脳梗塞,脳出血,くも膜下出血)の治療法を薬物療法の視点から解説.最新の治療ガイドラインに沿って,いつ・どのような治療薬をどう使うかといった治療薬選択のポイントや,具体的な処方例,さらに注意が必要な副作用・薬物相互作用についてもわかりやすく解説.再発防止や合併症管理における薬物療法もわかる.巻末には,脳卒中治療薬の一覧表も収載.脳卒中診療に関わる医師はもちろん,研修医や薬剤師にもおすすめの一冊

<目次>
1.脳梗塞急性期の治療薬
 A.脳梗塞急性期治療の原則
 B.ガイドラインからみた脳梗塞急性期治療薬
2.脳梗塞慢性期の治療薬
 A.脳梗塞慢性期治療の原則
 B.ガイドラインからみた脳梗塞慢性期治療薬
3.脳出血の治療薬
 A.脳出血急性期治療の原則
 B.脳出血急性期治療薬
 C.脳出血慢性期治療薬(合併症の管理)
4.くも膜下出血の治療
 A.くも膜下出血の治療原則
 B.くも膜下出血急性期治療薬
 C.くも膜下出血慢性期治療薬










本週刊ダイヤモンド   2011年10月8日号 (2011年10月3日発売)
カラダご医見番/脳梗塞マーカー 簡単な血液検査で脳梗塞を早期発見
脳梗塞マーカー、千葉大学、アミンファーマ研究所

ペン千葉大学発ベンチャーの歩みと脳梗塞リスク評価サービスの事業化
http://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2010/03/articles/1003-04/1003-04_article.html






<EPA・DHAで血液サラサラ生活>
脳梗塞に効くサプリメント.jpg

ひらめき「月下美心」 (詳細クリック!)

植物、動物、魚の3種の栄養源から、体内では合成できない必須脂肪酸であるオメガ3系・6系の不飽和脂肪酸を組み合わせ、さらに利尿作用と美肌効果に優れたハトムギ油を加えました。
原材料:卵黄油、月見草油、ハトムギ油、シソ油、精製魚油(DHA46%含有)、サフラワー油、ゼラチン(被包材)、グリセリン(被包材)











ー(長音記号2)脳梗塞の治療 予防 脳梗塞 掲示板
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/dis-noukousoku.html
脳梗塞の前兆 脳梗塞 症候 随伴症状 脳梗塞 後遺症 脳梗塞 リハビリ 脳梗塞 原因 脳梗塞 予防 脳卒中 脳出血 脳内出血 多発性脳梗塞 脳梗塞 ガイドライン アテローム血栓性脳梗塞 心原性脳塞栓 ラクナ梗塞 血栓溶解療法 開頭減圧術 血管治療 リハビリテーション 脳梗塞 食事


脳梗塞、脳卒中の治療 予防 脳梗塞 掲示板

posted by 体の悩み掲示板 at 23:34| 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。