2011年10月17日

前立腺がん、前立腺癌、前立腺肥大症、前立腺炎 治療と予防 掲示板

TV「きょうの健康 前立腺がん徹底研究」(NHK教育テレビ)
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/
2011年(平成23年)10月17日(月)〜19日(水)PM8:30〜PM8:45
専門医:東京慈恵会医科大学教授 頴川晋(えがわしん)


(*)10月17日(月) 前立腺がん徹底研究 「どう選ぶ?治療法」
50歳以上に多い前立腺がん。初期のころには症状がほとんどなく、見つけにくいというのが特徴。早期発見にはかかせないPSA検査や治療の選択方法などをお伝えする。


(*)10月18日(火) 前立腺がん徹底研究 「副作用に注意! 薬の治療」
男性ホルモンの影響を受けて進行する特徴がある前立腺がん。薬物療法では、主に男性ホルモンを抑制するため、副作用に注意が必要。そうした薬の副作用についてお伝えする。


(*)10月19日(水) 前立腺がん徹底研究 「放射線による治療」
放射線治療は進行したがんの治療と思われがちだが、前立腺がんでは早期がんから進行がんまで幅広く行われる。放射線治療の種類や他の治療との組み合わせについても伝える。










前立腺がん.jpg

かわいい「前立腺がんの最新治療」 (詳細クリック!)
比較的ゆっくり進行するとされる前立腺がん。手術、放射線療法、内分泌療法など、診断されてすぐに知りたい基礎知識から最新情報のすべて。
第1章 前立腺がんとは
第2章 前立腺がんの検査と診断
第3章 前立腺がんの治療
第4章 治療後に起こりやすいこと
第5章 退院後に気をつけたいこと
第6章 もっと知りたい前立腺がんのこと












<前立腺がん 関連ニュース>


(*)ビタミンEのサプリメントで前立腺がんリスクが増加、米研究(AFPBB News 2011年10月12日)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2834436/7913310
ビタミンEのサプリメントの摂取と前立腺がんリスクの17%の上昇の間に強い相関性が見られたとする研究結果が、11日の米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)に発表された。
 セレンやビタミンEの摂取による前立腺がんの予防効果を調べる「Selenium and Vitamin E Cancer Prevention Trial(SELECT)」は2001年から、米国立がん研究所(US National Cancer Institute)などの資金提供により、米国、カナダ、プエルトリコの男性3万5000人以上を対象にランダム化比較試験を行った。これは、ブラジルナッツやマグロ、牛肉に含まれる微量ミネラルのセレンおよびビタミンEには前立腺がんリスクを下げる効果がありそうだとの研究結果を受けたもの。
 男性を「セレンを摂取する」「ビタミンEを毎日400 IU(国際単位)摂取する」「両方摂取する」「プラシーボ(偽薬)を摂取する」の4グループに分けて追跡調査した。
 2008年に発表された中間報告によると、前立腺がんの発症はビタミンEを摂取したグループでやや多かったが、統計的に有意な差ではなかった。ただしその後、ビタミンEによる前立腺がんリスクが統計的に有意な域に近づいていったため、SELECTは2008年に中止された。
 今年7月にまとめられた10年間の追跡調査の結果、前立腺がんを発症したのはビタミンEのグループで620人と、突出して多かった。この間の発症者はセレンだけを摂取したグループで575人、セレンとビタミンEの両方を摂取したグループで555人、プラシーボを摂取したグループで529人だった。
 研究は、ビタミンEが前立腺がんリスクを押し上げる生物学的な理由は不明だとしながらも、ビタミンEサプリメントのこうした効果は摂取をやめたあとも継続する可能性があると注意を促している。











<前立腺がんの診療 Q&A>
前立腺癌の診療にあたって生じる様々な臨床的疑問について,この領域のエキスパートが回答するQ&A形式のハンドブック
前立腺癌診療.jpg

exclamation&question「前立腺癌診療こんなときどうするQ&A」 (詳細クリック!)


<目次>
(*)1.疫学
 a.危険因子
 Q1.前立腺肥大症や前立腺炎と前立腺癌の発生には関係がありますか?
 Q2.前立腺癌の予防法にはどのようなものがありますか? またその有効性はどの程度ですか?
 Q3.生活習慣病と前立腺癌の発生には関連がありますか?
 b.検診
 Q1.前立腺癌検診は推奨されないと言われていますが,本当でしょうか?
 Q2.前立腺癌検診の対象になるのはどのような方ですか? 年齢の下限,上限はありますか?
 Q3.2次検査として前立腺生検が推奨されるのはどのような場合ですか?

(*)2.診断
 a.PSA検査・直腸診検査・超音波検査
 Q1.前立腺癌の家族歴がある場合には,早めに前立腺癌の検査を行った方がよいのでしょうか?
 Q2.前立腺癌スクリーニングではPSA検査が最も精度が高いそうですが,直腸診は必要ないのでしょうか?
 Q3.初回生検でhigh-grade PINのみが指摘された患者はどのように経過観察したらよいのでしょうか?
 Q4.前立腺生検の方法は経直腸,経会陰のどちらが検出率に優れていますか? また,合併症はどちらが少ないでしょうか?
 Q5.Saturation生検の有効性,適応と方法を教えてください.
 Q6.前立腺癌診断において,PSAV,PSADTなどのPSA kineticsやF/T ratioは有用ですか?
 Q7.前立腺生検で陰性であった場合,その後のフォローの方法と次回再生検に踏み切るタイミングを教えてください.
 Q8.根治的前立腺摘除術後のPSA再発は予測できますか?(ノモグラム)
 b.病期診断
 Q1.前立腺癌の局在診断や局所進展度診断に関するMRIの診断精度はどの程度と考えたらよいでしょうか?
 Q2.胸腹部CTや骨シンチなどは全ての症例の病期診断に必要でしょうか?
 c.病理
 Q1.Gleason score分類が改訂されたそうですが,要点は何でしょうか?

(*)3.治療
 a.治療一般/手術療法
 Q1.ステージA前立腺癌に対する治療は必要でしょうか? 治療方法は?
 Q2.限局性前立腺癌に対するfocal therapyとはどのような治療概念でしょうか?
 Q3.臨床病期T3N0M0前立腺癌の前立腺全摘除術は有効なのでしょうか? また,手術方法は通常の前立腺全摘除術と同じでよいのでしょうか?
 Q4.臨床病期D1に対する拡大手術の適応患者はありますか?
 Q5.腹腔鏡下根治的前立腺摘除術のメリット,デメリットや適応について教えてください.
 Q6.ミニマム創内視鏡下前立腺全摘除の施行しにくい患者とはどんな患者でしょうか?
 Q7.経会陰式手術のメリット,デメリットは何でしょうか?
 Q8.ロボット支援内視鏡下根治的前立腺摘除術のメリットと今後の展望は?
 Q9.前立腺全摘術において神経温存手術の適応はどんな患者でしょうか?
 Q10.根治手術前のネオアジュバントホルモン療法は切除断端陽性の低下に寄与しますか?     また,術後のPSA非再発率や生存率を向上させますか?
 Q11.High risk前立腺癌に対する前立腺全摘除術の際のリンパ節郭清範囲はどこまで行えばよいのでしょうか?
 Q12.病理所見にて切除断端陽性と診断されました.追加治療は必要ですか?
    また追加治療の方法,そのタイミングを教えてください.
 Q13.根治手術でpN1であった場合,ホルモン療法の開始時期は即時と遅延ではどちらがいいのでしょうか?
 Q14.根治術後の経過観察の方法と術後PSA再発の診断基準を教えてください.
 Q15.pT3bに対して,アジュバントホルモン療法あるいはアジュバント放射線治療は必要ですか?
 Q16.前立腺全摘除術後のサルベージ放射線治療の適応と方法を教えてください.
 Q17.前立腺癌治療前後の性機能の評価は何を用いて,どのようにすればいいのですか?  
 Q18.神経温存根治術患者の術後のPDE5阻害剤の開始時期と方法について教えてください.
 Q19.前立腺全摘除術後の遷延する尿失禁について治療法を教えてください.
 Q20.前立腺全摘に伴う直腸損傷に対する対処法を教えてください.
 b.放射線治療
 Q1.3D-CRT,IMRT,粒子線治療など,それぞれの特徴と治療成績について教えてください.
 Q2.永久密封小線源療法(ブラキセラピー)の適応と中長期のアウトカムについて教えてください.
 Q3.高線量率組織内照射(HDRブラキセラピー)の適応,治療成績について教えてください.   また,この治療法の位置づけ,低線量率組織内照射(LDRブラキセラピー)との棲み分けは?
 Q4.前立腺癌に対する放射線治療における再発の定義について教えてください.
 Q5.組織内照射療法前のネオアジュバントホルモン療法は治療後のPSA非再発率や生存率を向上させますか?
 Q6.High risk前立腺癌に対する外照射療法にはホルモン療法を併用した方がいいのでしょうか? 方法についても教えてください.
 Q7.cT3N0M0前立腺癌の放射線治療において,照射範囲はどのように設定したらいいのでしょうか?
   前立腺周囲だけ,または骨盤腔照射が必要でしょうか?
 Q8.放射線治療後の再発に対するsalvage前立腺全摘除術は有効なのでしょうか?
 Q9.放射線治療後の晩期合併症(2次癌の発生や性機能低下も含め)はどの程度でしょうか?
 Q10.ブラキセラピー(LDR)の有害事象およびその対処法を教えてください.
 c.Palliative放射線療法(外照射,ストロンチウム)
 Q1.転移性骨腫瘍に対しての外部放射線治療は疼痛コントロールおよび病的骨折予防に有用ですか? 
   また,そのdoseとfractionを教えてください.
 Q2.転移性骨腫瘍の骨痛に対しストロンチウム-89は有用ですか?
   また,どのタイミングで開始して,どのように使用すればよいのでしょうか?
 d.薬物療法
 Q1.Stage D前立腺癌に対してMABと去勢(外科的または内科的)単独では治療効果に差がありますか?
 Q2.AWSのメカニズムについて教えてください.これは必ず確認する必要がありますか?
   また予後とは関係がありますか?
 Q3.アンチアンドロゲン交替療法のメカニズムと有効性について教えてください.
 Q4.限局性前立腺癌に対して,ホルモン単独療法は治療選択肢になりますか?
 Q5.Hot flashの発症メカニズムと対策を教えてください.
 Q6.ホルモン療法による骨粗鬆症の予防方法や生活上の注意点を教えてください.
 Q7.ホルモン抵抗性前立腺癌(HRPC)の発生機序について教えてください
 Q8.HRPCに対する副腎皮質ステロイドホルモンの有効性,薬剤の種類,使用方法,奏功期間,副作用などについて教えてください.
 Q9.間欠的内分泌療法の理論的背景,適応となる患者および具体的方法を教えてください.
 Q10.HRPCに対するドセタキセル療法は,いつから(開始するPSAの値等)開始したらよいでしょうか?
    また,内科的去勢は併用した方がよいのでしょうか?
 Q11.ドセタキセルの標準的プロトコールと副作用について教えてください.
 Q12.ビスホスホネート製剤は骨転移を有する前立腺癌患者すべてに適応がありますか?
 e.待機療法
 Q1.待機療法とPSA監視療法の違いについて教えてください.
 Q2.PSA監視療法が薦められる患者とはどんな患者でしょうか?
 Q3.PSA監視療法患者の精神的,身体的QOLの変化について教えてください.また,手術,小線源療法,放射線外照射と比較してどうでしょうか?
 Q4.PSA監視療法中の経過観察方法は? また,積極的治療開始基準について教えてください.
 f.緩和医療
 Q1.進行性前立腺癌で外来follow-up中に尿閉を認めました.必要な検査と対処方法について教えてください.
 Q2.脊椎に転移のあるStage D2前立腺癌で整形外科的緊急手術や放射線照射の適応について教えてください.
 g.新しい治療法
 Q1.前立腺癌に対する補完代替療法の種類と効果を教えてください.
 Q2.前立腺癌の免疫療法の種類と治療成績について教えてください.
 Q3.前立腺癌に対する遺伝子治療の開発状況と展望は?
 Q4.前立腺癌に対する分子標的薬の開発状況と展望は?







(*) 治療と予防
http://diseaseinfo.dtiblog.com/


(*)団塊の世代 掲示板 団塊世代 BBS
http://dankaisyowa.seesaa.net/




排尿トラブル(膀胱炎、前立腺肥大、膀胱癌、前立腺癌) 掲示板
posted by 体の悩み掲示板 at 16:21| 泌尿器疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血液がん(白血病・悪性リンパ腫) 白血病治療マニュアル,血液病レジデントマニュアル

血液がん(白血病・悪性リンパ腫)

位置情報JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)
http://www.jalsg.jp/


位置情報骨髄移植推進財団(骨髄バンク)
http://www.jmdp.or.jp/









血液がん白血病・悪性リンパ腫がわかる本.jpg

かわいい「白血病・悪性リンパ腫がわかる本」 (詳細クリック!)

著者:永井正(自治医科大学血液科 准教授)

<目次>
第1章 白血病の基礎知識
・白血病とは
・白血病の種類
・白血病の原因
第2章 いろいろな白血病の治療
〔1〕急性骨髄性白血病
 ・どのような病気でしょうか?
 ・正常な血液細胞が減ってしまいます
 ・治療終了後も定期的な検査を続けます 
〔2〕急性前骨髄球性白血病
 ・症状と検査の特徴は?
 ・ベサノイド→地固め療法→維持療法で治療します
 ・生活上の注意 
〔3〕急性リンパ性白血病
 ・どのような病気でしょうか?
 ・急性リンパ性白血病の種類
 ・化学療法の副作用と対策 
〔4〕小児急性白血病
 ・小児白血病で最も多いのは急性リンパ性白血病です
 ・急性白血病を発症する率の高い遺伝性疾患
 ・急性白血病の種類 
〔5〕骨髄異形成症候群
 ・どのような病気でしょうか?
 ・原因は何でしょうか?
 ・骨髄異形成症候群の分類 
〔6〕慢性骨髄性白血病
 ・どのような病気でしょうか?
 ・どのような症状が現れますか? 
 ・検査と診断 
〔7〕慢性リンパ性白血病
 ・どのような病気でしょうか?
 ・どのような症状が現れますか?
 ・検査結果 
〔8〕慢性骨髄増殖性疾患
  真性赤血球増加症
  慢性特発性骨髄線維症 
  本態性血小板血症
第3章 悪性リンパ腫の基礎知識
・悪性リンパ腫とは
・悪性リンパ腫の原因・要因、危険因子
・非ホジキンリンパ腫とホジキンリンパ腫
第4章 いろいろな悪性リンパ腫の治療
〔1〕非ホジキンリンパ腫
 ・どのような病気でしょうか?
 ・原因は?
 ・どのような症状が現れますか?  
〔2〕ホジキンリンパ腫
 ・どのような病気でしょうか?
 ・どのような症状が現れますか?
 ・どのような検査をしますか?
〔3〕成人T細胞白血病・リンパ腫
 ・どのような病気でしょうか?
 ・どのような症状が現れますか?
 ・成人T細胞白血病
第5章 「がん」時代のあり方
 ・「がん」時代のあり方











TV「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 血液内科医・谷口修一」(NHK総合)
http://www.nhk.or.jp/professional/2011/1017/index.html
2011年(平成23年)10月17日(月) PM10:00〜 NHK総合にて放送です。
白血病をはじめとする「血液がん」などを治す移植治療で、全国最多の実施数を記録する医師・谷口修一(51)。これまで、歌舞伎俳優・市川團十郎さんをはじめ、難しい症例の患者の社会復帰を幾度も助けてきた。谷口は、「患者の希望に応えるのが医師」という信念のもと、他の病院で治療が難しいと言われた患者も受け入れる。かつてあまりの過酷さに、臨床の現場から逃げるように距離を置いたこともある、という谷口。命の現場にどう向き合い、決断していくのか。その闘いに密着する。



病院虎の門病院
http://www.toranomon.gr.jp/site/view/index.jsp










本白血病治療マニュアル


本血液病レジデントマニュアル








ペン白血病の治療 予防 白血病 掲示板










いい気分(温泉) 注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/



白血病
posted by 体の悩み掲示板 at 00:52| 血液疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。