2011年09月19日

うつ病や双極性障害(そううつ病)

TV「ここが聞きたい!名医にQ」(NHK Eテレ)
http://www.nhk.or.jp/kenko/drq/
2011年(平成23年)9月24日(土)PM8:00〜 「あなたの疑問に答えます! うつ病」
専門医3人が答えるQ&Aを中心に、認知症と間違われやすい高齢者の場合や、薬が異なる双極性障害(そううつ病)、家族や友人など周囲はどうすればよいか、など。













ペン 双極性障害 - Wikipedia
双極性障害 (bipolar disorder) は、躁状態 (躁病エピソード) およびうつ状態 (大うつ病エピソード) という病相 (エピソード) を繰り返す精神疾患であり、気分障害の一つである。統合失調症と並び、二大精神疾患と言われている。古い呼び名では躁うつ病あるいは他の名称として双極性感情障害とも言う。
双極性障害は、躁状態を伴う双極I型障害と、軽躁状態を伴う双極II型障害に区分される。
躁状態、または混合状態が1回認められれば、双極I型障害と診断される。うつ状態と躁状態が、症状のない寛解期をはさみながら繰り返していくことが多い。躁状態あるいはうつ状態から次のエピソードまでの間隔は平均して数年間である。また、うつ状態と躁状態の症状が混ざって出現する混合状態 (混合性エピソード) が生じる場合もある。
これに対して、うつ状態と軽躁状態のみが認められる場合を、双極II型障害と呼ぶ。軽躁状態は、患者や家族には病気とは認識されにくいため、自覚的には反復性のうつ病であると考えている場合も多い。
症例によっては特定の季節に再発を繰り返すこともある。うつ状態から急に躁状態になること (躁転) は稀でなく、一晩のうちに躁転することもある。また1年のうちに4回以上うつ状態、躁状態を繰り返すものを急速交代型 (英: Rapid Cycler) と呼ぶ。
また、双極性障害の患者には、なんらかのパーソナリティ障害が伴っているケースが高いことが、統計的に確立している。その中でも、境界性パーソナリティ障害を疾患にもつ患者の双極性障害の確立が高いとされている。



位置情報 「躁うつ病 (双極性障害) とつきあうために」(日本うつ病学会双極性障害委員会編)
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/


位置情報 「双極性障害治療ガイドライン」(日本うつ病学会)
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/


本「双極性障害 躁うつ病への対処と治療」(ちくま新書)


本「対人関係療法でなおす 双極性障害」



TV日常生活で「うつ」を改善する効果的な治療法 [DVD]













<熟睡したい人や、寝起きが悪い人へ>
楽天ランキング1位10回以上獲得! 安心の国産サプリメント。












<問題なのは失敗そのものではなく「失敗の悪循環」である>














<音楽で癒されたい方へ>
自律神経にやさしい音楽CD.jpg

るんるん「自律神経にやさしい音楽(MP3)」 (視聴する クリック!)


るんるん「自律神経にやさしい音楽(CD)」











かわいい注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/












うつ病の治療 予防 うつ病 掲示板
posted by 体の悩み掲示板 at 01:03| 脳・神経・精神疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

腎臓病の検査法「クレアチニン検査」と人工透析(費用,食事,医療費,透析療法)

TV「ためしてガッテン」(NHK総合)
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110914.html
2011年(平成23年)9月14日(水)PM8:00〜 腎臓病の特集です。
血液中の老廃物をきれいにろ過してくれている「腎臓」。今、この大切な腎臓の機能がほとんど失われて、「人工透析」なしでは生きていけなくなる人が激増中!その数、去年だけでも実に、4万人近く!人工透析にならないために、腎臓を守るために、是非とも欠かせない検査法「クレアチニン検査」や、さらには、腎臓病のリスクを高める「尿酸」の最新情報などを、新たな人工透析患者を減らした実績を持つ尼崎市の取り組みを通してご紹介。











ペンクレアチニン - Wikipedia
クレアチニン(creatinine)は、筋肉へのエネルギーの供給源であるクレアチンリン酸の代謝産物。血清生化学検査ではCr、CRE、CREAなどの略号で記載される事が多い。
クレアチニンは主に筋肉で作られるので、血清中のクレアチニン濃度(以下、血清クレアチニン値)は筋肉のスクリーニング検査に用いられる。また、クレアチニンは腎臓から速やかに尿中に排出されるので、血清クレアチニン値は腎臓のスクリーニング検査に用いられる。また、血清クレアチニン値は尿中クレアチニン濃度と併せて腎機能検査に用いられる。













腎臓病治療.jpg

かわいい「透析なしの腎臓病治療」 (詳細クリック!)
進行する腎臓病の見分け方
食事療法では、なにを、いつ、どのくらい食べるか
腎臓を守り、血圧を下げる「腎保護薬」
血圧を下げないと、あらゆる治療がむだになる
たんぱく尿を減らす3つの方法













ペン人工透析 - Wikipedia
人工透析(じんこうとうせき)とは、医療行為のひとつで腎臓の機能を人工的に代替することである。正しくは、血液透析療法である。
腎不全に陥った患者が尿毒症になるのを防止するには、外的な手段で血液の「老廃物除去」「電解質維持」「水分量維持」を行わなければならない。 この医療行為を血液透析と呼び、人工腎、血液浄化と呼ばれることもある。


位置情報日本透析医学会
http://www.jsdt.or.jp/


病院病院検索-人工透析-病院ホームページ
http://www.gdb.co.jp/HP/KA/K550.html
人工透析の総合病院、専門病院、病院、医院、診療所、クリニック等の医療機関の中で ホームページにより情報公開を行っておられる施設を県名・診療科目で分類した病院 検索のためのリンク集(スマートフォン対応)です。



本透析食を楽しく作るおいしく食べる(人工透析患者さんのための安心お料理BOOK)










本透析療法パーフェクトガイド (詳細クリック!)


<目次>
I 透析療法の基礎知識
 1.慢性腎臓病(CKD)と透析療法(飯田喜俊)
 2.透析療法の原理(峰島三千男)
 3.尿毒症物質(篠田俊雄)
 4.透析療法の種類と選択(〃)
 5.その他の血液浄化法の種類と適応(〃)
 6.慢性透析療法の導入基準(〃)
 7.在宅血液透析(〃)
 8.バスキュラーアクセス(佐藤 隆)
 9.ダイアライザ(峰島三千男)
 10.透析膜(〃)
 11.生体適合性と体外循環の生体反応(篠田俊雄)
 12.水処理(佐藤 隆)
 13.逆濾過,逆拡散(峰島三千男)
 14.ドライウエイトの設定法(佐藤 隆)
 15.クリアランス,ダイアリザンス(峰島三千男)
 16.透析量(Kt/V),蛋白異化率(PCR),適正透析指標(〃)
 17.血流量,透析液流量(〃)
 18.透析液(佐藤 隆)
 19.抗凝固療法(篠田俊雄)
 20.連日血液透析,長時間血液透析(佐藤 隆)
 21.高Na透析(〃)
 22.低温透析(〃)
 23.腹膜透析(PD) --CAPD,APD(窪田 実)
 24.CAPDカテーテル(〃)
 25.CAPD透析液(〃)
 26.CAPDの至適透析(〃)
II 透析療法の実際
 1.血液透析(HD)(片岡浩史・木全直樹)
 2.その他の血液浄化療法(〃)
  1.血液濾過(HF) 2.血液透析濾過(HDF) 3.イーカム(ECUM)
 3.腹膜透析(PD)(石原美和・木全直樹)
  1.CAPD(バクスター・マニュアル方式) 2.APD(APDサイクラー)
 4.持続的腎代替療法(CRRT)(唐澤一徳・木全直樹)
 5.アフェレシス療法(篠田俊雄)
III 患者の日常生活の注意点
 1.血圧測定,血圧管理(松岡由美子)
 2.体温の測定,発熱時の対処(〃)
 3.脈拍のチェックと対処(〃)
 4.体重のコントロール,ドライウエイト(〃)
 5.内シャントの自己管理(〃)
 6.血糖異常と対処(島崎玲子)
 7.運動と体力増進の問題(鳥海奈穂美)
 8.高齢者の問題(斉藤しのぶ)
 9.外科手術の問題(丸田愛子)
 10.CAPD患者の日常生活での注意点(藤田文子)
IV 看護ケア
 1.透析導入期の看護(斉藤しのぶ)
 2.透析維持期の看護(〃)
 3.糖尿病透析患者の看護(島崎玲子)
 4.小児透析患者の看護(鳥海奈穂美)
 5.高齢透析患者の看護(斉藤しのぶ)
 6.ハイリスク透析患者の看護(丸田愛子)
 7.外科手術時の看護(〃)
 8.妊娠・出産時の看護(鳥海奈穂美)
 9.服薬指導(近藤美幸)
 10.水分管理の指導(〃)
 11.CAPD患者の教育(藤田文子)
V 透析中の症状と対策
 1.不均衡症候群(飯田喜俊)
 2.低血圧(椿原美治)
 3.高血圧(勝二達也)
 4.不整脈(古松慶之)
 5.皮膚のかゆみ,皮膚異常(金子哲也)
 6.意識障害,痙攣(上田峻弘)
 7.胸痛(〃)
 8.呼吸困難(〃)
 9.吐血,下血(〃)
 10.悪心,嘔吐(〃)
 11.腹痛(〃)
 12.こむらがえり(〃)
 13.血液透析(HD)中の事故(山川智之)
 14.CAPD時の事故(〃)
VI 透析合併症と対策
 1.心不全(うっ血性心不全)(長谷弘記)
 2.心筋梗塞,狭心症(〃)
 3.心膜炎(田中友里)
 4.肺水腫(〃)
 5.尿毒症肺(〃)
 6.高血圧(菅野義彦・鈴木洋通)
 7.低血圧(〃)
 8.初回透析症候群(〃)
 9.脳血管障害(〃)
 10.動脈硬化症,血管石灰化(〃)
 11.足の潰瘍・壊死(岩澤秀明)
 12.内シャントの合併症(大平整爾)
 13.貧血(椿原美治)
 14.ヘパリン起因性血小板減少症(藤井正満)
 15.鉄沈着症(金子哲也)
 16.結核(藤井正満・飯田喜俊)
 17.インフルエンザと新型インフルエンザ(秋葉 隆)
 18.ウイルス性肝炎(藤井正満・前川きよし)
 19.肝硬変,肝細胞癌(藤井正満・前川きよし)
 20.尿路感染症(横山建二)
 21.多嚢胞化萎縮腎,腎癌(〃)
 22.上部消化管出血(〃)
 23.下部消化管出血(〃)
 24.二次性副甲状腺機能亢進症(小田 稔)
 25.腎性骨異栄養症(〃)
 26.異所性石灰化(〃)
 27.透析アミロイドーシス(山本 卓・下條文武)
 28.手根管症候群(〃)
 29.破壊性脊椎関節症(〃)
 30.アルミニウム蓄積症(〃)
 31.透析脳症(〃)
 32.悪性腫瘍(肝・腎を除く)(横山建二)
 33.視力障害(安宅伸介)
 34.末梢神経障害(岡田知也)
 35.自律神経障害(〃)
 36.栄養障害(中尾俊之)
 37.脂質異常症(〃)
 38.高血糖,低血糖(〃)
  1.高血糖 2.低血糖
 39.CAPDカテーテルトラブル(長谷川廣文)
 40.腹膜透析腹膜炎(〃)
 41.腹膜透析出口部感染症,皮下トンネル感染症(〃)
 42.腹膜機能低下(〃)
 43.被嚢性腹膜硬化症(〃)
VII 検査異常と対策
 1.検体検査(小島智亜里)
  1.一般血液検査 2.検尿 3.検便 4.腎機能検査 5.電解質,血液ガス 6.蛋白・脂質検査 7.糖代謝検査 8.肝・膵機能検査 9.鉄代謝検査 10.出血・凝固検査 11.免疫血清検査 12.内分泌機能検査 13.骨代謝マーカー 14.腫瘍マーカー
 2.生理検査(池辺宗三人)
  1.胸部X線写真と心胸比 2.心電図,ホルター心電図 3.心臓超音波検査 4.胃X線検査,注腸バリウム検査 5.胃・大腸内視鏡検査 6.CT,MRI 7.超音波検査(腹部,下大静脈,頸動脈) 8.造影剤検査 9.骨塩量測定 10.神経伝導速度
VIII 食事療法と問題点
 1.透析患者の食事基準(金澤良枝)
 2.炭水化物,蛋白質,脂質の摂取(〃)
 3.食塩,水分の摂取(〃)
 4.カリウム(K)の摂取(〃)
 5.リン(P),カルシウム(Ca)の摂取(〃)
 6.食物繊維の摂取(〃)
 7.糖尿病透析患者の食事(市川和子)
 8.CAPD患者の食事(〃)
 9.急性腎不全患者の食事(〃)
 10.治療用特殊食品(瀬戸由美)
 11.嗜好食品(〃)
 12.外食,旅行時の食品(〃)
 13.栄養評価法(〃)
IX 薬の用い方
 1.透析患者の薬の用い方(平田純生)
 2.主な薬の服用方法と注意点(平田純生・木村 健・三宅健文)
  1.昇圧薬 2.降圧薬 3.狭心症治療薬 4.強心薬 5.抗不整脈薬 6.解熱・鎮痛薬,非ステロイド性抗炎症薬 7.睡眠薬,抗不安薬,抗精神病薬 8.副腎皮質ステロイド薬 9.血糖降下薬 10.高尿酸血症治療薬 11.脂質異常症治療薬 12.消化器治療薬 13.抗菌薬,抗真菌薬,抗結核薬,抗ウイルス薬 14.造血薬 15.血液凝固阻止薬 16.透析骨症治療薬 17.高カリウム(K)血症治療薬 18.抗癌薬
X 透析患者の心理・社会問題と社会資源
 1.透析生活への不安(春木繁一)
 2.インフォームドコンセント(藤田 譲)
 3.透析拒否(春木繁一)
 4.透析の中止(大平整爾)
 5.医療保険制度(藤田 譲)
 6.身体障害者手帳(〃)
 7.透析治療に関する費用(〃)
 8.在宅支援における通院介助(〃)
 9.高齢者への援助(〃)
 10.要介護透析患者への支援(〃)
 11.介護保険(〃)
XI 腎移植の諸問題
 1.腎移植か透析療法か(宮本直志)
 2.生体腎移植と献腎移植(〃)
 3.腎移植希望の登録(〃)
 4.腎移植の適応と成功率(〃)
 5.移植方法(〃)
 6.拒絶反応と対策(〃)
 7.移植後の透析再導入(〃)
XII 透析関連機器・装置
 1.血液透析装置(小野淳一)
 2.除水制御装置(〃)
 3.漏血検知装置(〃)
 4.気泡検知装置(〃)
 5.高Na透析装置(Naインフューザ)(〃)
 6.水処置装置(〃)
 7.透析液清浄化装置(〃)
 8.モニタリング装置(〃)
 9.APD装置(〃)














いい気分(温泉)団塊の世代 掲示板 団塊世代 BBS
http://dankaisyowa.seesaa.net/




腎臓病の検査法「クレアチニン検査」と人工透析 掲示板
慢性腎臓病CKD 腎不全 治療 予防 掲示板
posted by 体の悩み掲示板 at 18:57| 腎臓疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

脳卒中

<脳卒中のリハビリと生活>
脳卒中のリハビリ.jpg

かわいい「脳卒中のリハビリと生活」 (詳細クリック!)
第1章 脳卒中とはどんな病気か
第2章 家族が脳卒中で倒れたら
第3章 病院でのリハビリテーションの実際
第4章 退院後のリハビリテーションと暮らし
第5章 言語障害への対処法
第6章 介護保険と公的助成












脳卒中・リハビリ.jpg

本「NHKスペシャル 脳がよみがえる 脳卒中・リハビリ革命」 (詳細クリック!)
第1章/脳卒中の常識が変わった!
第2章/あきらめていたマヒが改善!
    「川平法」の真実
第3章/最新研究で見えてきた!
    脳の「回復メカニズム」
第4章/新技術で、重度のマヒも改善可能に
第5章/脳の回復が加速する「魔法の言葉」
第6章/「脳卒中・リハビリ革命」のこれから




TV「NHKスペシャル 脳がよみがえる〜脳卒中・リハビリ革命〜」
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110904.html
2011年9月4日(日) 午後9時00分〜9時49分 NHK総合テレビ

「4年間リハビリを頑張ってきても動かなかった指が、わずか10分の訓練で動き始めた」。今、脳卒中の治療で新たなリハビリが次々に開発され、驚異的な効果を上げている。約280万人にのぼる脳卒中患者、医療の発達で命を落とすケースは減ったものの、マヒの問題は深刻で、介護が必要になる原因の第一位だ。解決にはリハビリが重要だが、発症後6ヶ月を超えたあたりから効果が落ちるとされてきた。しかし最近、脳科学の急速な発達により、傷ついた脳が再生するメカニズムが次第に明らかになり、時間を経過した患者でも、マヒを改善する手法が発見されている。リハビリの効果を上げる誰でも出来る意外な方法や、脳波とマシンを連動させる最新科学まで、脳卒中リハビリの最前線で起きている急激な変化を取材、人間の脳に秘められた驚きのパワーに迫る。











<血液サラサラの食生活>
血液サラサラ食事レシピ本.jpg

かわいい「血液サラサラ生活のすすめ ドロドロにならない食事と過ごし方」 (詳細クリック!)


血液の流れが悪くなると、肩こり、肌荒れ、冷え、からだのだるさなど、さまざまな不調を引き起こし、さらには動脈硬化を誘発し、脳卒中や心臓病の危険性も。食生活を中心とした日常生活の注意がよくわかる本です。
<目次>
第1章 「サラサラ」「ドロドロ」のウソとホント
第2章 誰もが検査を受けられる時代になった!
第3章 食生活しだいであなたもサラサラになれる
第4章 ドロドロするのは活性酸素のしわざ
第5章 ドロドロ血液と病気との関係
第6章 血液サラサラの未来













位置情報日本脳神経外科学会
http://jns.umin.ac.jp/


位置情報日本脳卒中学会
http://www.jsts.gr.jp/


本脳卒中専門医試験 問題・解説集


本脳卒中レジデントマニュアル







ペン病気の治療 予防 病気 掲示板
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/dis-index.html
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報





脳梗塞、脳卒中の治療 予防 脳梗塞 掲示板
タグ:脳卒中
posted by 体の悩み掲示板 at 06:38| 脳・神経・精神疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。